調停とは

 調停は,裁判所に間に入ってもらい,相手方との話合いによって紛争の解決を図る裁判上の手続です。

 調停主任(基本的には裁判官が1名)と一般人から選ばれた調停委員(通常は2名)からなる調停委員会が,当事者の話を交互に,状況によっては同時に聞くことで,双方の合意を引き出す手続です。

 合意が成立した場合は,その内容をもとに調停調書が作成されます。調停調書は判決と同様の効力を持ちますので,相手方が調停で定めた内容を守らなかった場合は,強制執行が可能となります。

▲このページのトップに戻る