訴訟とは

 訴訟とは,簡単に言えば,紛争当事者の一方(原告)が裁判所に訴状を提出し,訴状を受け取った相手方(被告)がこれに反論し,相互に主張と立証(証拠提出)を行うことによって,原告の請求の当否を第三者である裁判所が強制的に判断することで紛争を解決する裁判上の手続です。

 日常用語としての「裁判」とは,この「訴訟」を指して使われることが多いです。

 債権回収の観点から言うと,争いがある場合にどちらの言い分が正しいかを第三者(裁判所)に決めてもらうための手続が訴訟であり,また,支払ってこない相手方の財産を差し押さえるために必要な判決を取得するための手続が訴訟ということになります。

▲このページのトップに戻る