差押えとは

 判決を取得したけど相手方(債務者)が払ってくれない場合,このまま何もしなければ判決は絵に描いた餅になります。

 逃げ得を許せば,誰も裁判など利用しません。そうなると,法律はないのと同じ,いわば無法状態になり,法治国家は転覆してしまいます。

 そこで,判決等で国家機関がお墨付きを与えた債権者の権利を実現するために,国家機関が債務者の財産を差し押さえて,強制的に支払をさせる状態を作り出す必要があります。このように強制的に権利の実現を図る制度を「強制執行」と言います。

 「差押え」とは,債権者の権利を実現するために,国家機関が債務者の財産の処分を禁止することです。表記は「差押え」「差押」「差し押さえ」など様々ですが,後ろに命令が付く場合は「差押命令」と表記されるのが通常です。

▲このページのトップに戻る