仮差押えのデメリット

相手方の財産を特定しないといけない

あくまでも仮である

(判決を取得して差し押えるまでに相手方が破産等すると効力を失う。)

担保が必要

▲このページのトップに戻る