差押えを行うために必要なもの

 差押えを行うには,「債務名義」というものが必要です。簡単に言えば,差押えをするための根拠となる文書のことです。

 確定した判決,裁判上で和解した場合に裁判所が作成した和解調書,調停が成立した場合に裁判所が作成した調停調書,一定の条件を満たした公正証書などが債務名義の典型です。

▲このページのトップに戻る